自分の保険に弁護士特約を付けるメリット

自動車保険は弁護士費用特約というものがあります。これは、被害者となった時にも利用できる特約で、弁護士に相談する際にかかる費用の300万円までを保険会社が負担するというものです。なぜ、この弁護士費用特約が被害者にとってはぜひとも利用したい特約かというと、交通事故の場合、被害者の過失割合が0の時は、自分の保険会社は交渉を行うことができないからです。ですから、弁護士に依頼しないと基本的には自分一人で相手と交渉をしないといけなくなります。この場合は、相手側の保険会社にとって有利な補償内容でまとめられてしまいがちです。こうしたことを避けるために、ぜひ弁護士費用特約を利用して弁護士に相談することがおすすめです。300万円という額も、よほど大きな事故にならない限りは十分な額で損をすることはないでしょう。

自分は悪くないので相手の保険会社にすべてをおまかせすればよいと考えずに、自分の加入している保険のほうでも利用できるものはないかを確認することは非常に大切です。被害者にとって交通事故の影響を乗り越えて通常の生活に戻るのは簡単ではないことも多々あります。賠償金をただ受け取ることを目標にするのではなく、十分な額の賠償金を受け取ることを目標にしましょう。

賠償金を十分受け取るには弁護士へ相談

交通事故示談についてですが、被害者に有利に進めるためには弁護士に相談することが不可欠といえるでしょう。相手側の保険会社は、被害者側に弁護士がついていないと、適性の額とは程遠い安い金額を提示してくることがほとんどです。あまり詳しい知識がないと、その額が妥当だと思ってしまい安易に了承しがちですが、実際のところ、弁護士に相談することによってその数倍にまで賠償金が増えたというケースは少なくないのです。

気になる弁護士費用も、初回相談額を0円としている弁護士事務所も少なくありませんので、まずは状況を説明して、弁護士による仲介でどのくらいの賠償額を望めるのか、どのような助けを弁護士は行ってくれるのかを確認するとよいでしょう。弁護士に正式に依頼した場合、その費用は賠償金の何割かを成功報酬として受け取ると定めているところもありますので、どうしても最初から多くの額を用意できない場合には、そうした成功報酬から支払うことを前提に弁護士に依頼しても良いでしょう。弁護士を選ぶ際には、どれだけ安く引き受けてくれるかも大切ですが、どれだけ被害者の視点に立って物事を進めてくれるかが非常に重要なポイントになります。初回の相談の際にそうした点を見極めることができるよう気になる点はどんどん質問していきましょう。

交通事故の際の示談金の受け取り方

交通事故は被害者にとっては、それまでの生活も一変させられるほどの大きな影響も及ぼしかねないものです。経済的に事故の前と同じようには稼ぐことができなくなる可能性もあるため、その後の人生のいろいろな計画も見直さなければいけなくなることもあります。そうした、被害者にとって損失となる事柄の保証となる最初の一歩が、示談によって賠償金を受け取るということです。では、交通事故で示談金を受け取るためにはどうしたらよいのでしょうか。

まず示談を開始する時期ですが、基本的には被害者のけがが完治したタイミングとなります。その前にできる最低限のことは、事故が発生したら警察に通報して示談交渉の相手となる人を確認しておくことです。そして警察による実況見分調書も作成してもらいましょう。なぜ怪我が完治してから示談交渉を開始するかというと、治療のためにかかった費用のほかに、病院までの交通費や入院する場合はその費用等、多くの保証対象が関係してくるため、怪我が完治するまでは明確な賠償額が決定しづらいからです。示談交渉に入ると、相手側の保険会社は示談金としての額を提示してきます。それが妥当と思えるなら、その示談金で了承し、賠償金の受け取りという流れになります。しかし、相手側の保険会社はできる限り安い賠償金額で済ませようとするため、最初に提示された額が必ずしも適正とは言い切れません。しっかりとした賠償額を受け取るためには、交渉の際に被害者側に努力が求められます。どのような点を注意したらよいのか、このサイトでご紹介します。