ホーム » 未分類 » 賠償金を十分受け取るには弁護士へ相談

賠償金を十分受け取るには弁護士へ相談

示談を被害者に有利に進めるためには、弁護士に相談することが不可欠といえるでしょう。相手側の保険会社は、被害者側に弁護士がついていないと、適性の額とは程遠い安い金額を提示してくることがほとんどです。あまり詳しい知識がないと、その額が妥当だと思ってしまい安易に了承しがちですが、実際のところ、弁護士に相談することによってその数倍にまで賠償金が増えたというケースは少なくないのです。

気になる弁護士費用も、初回相談額を0円としている弁護士事務所も少なくありませんので、まずは状況を説明して、弁護士による仲介でどのくらいの賠償額を望めるのか、どのような助けを弁護士は行ってくれるのかを確認するとよいでしょう。弁護士に正式に依頼した場合、その費用は賠償金の何割かを成功報酬として受け取ると定めているところもありますので、どうしても最初から多くの額を用意できない場合には、そうした成功報酬から支払うことを前提に弁護士に依頼しても良いでしょう。弁護士を選ぶ際には、どれだけ安く引き受けてくれるかも大切ですが、どれだけ被害者の視点に立って物事を進めてくれるかが非常に重要なポイントになります。初回の相談の際にそうした点を見極めることができるよう気になる点はどんどん質問していきましょう。