ホーム » 未分類 » 交通事故の際の示談金の受け取り方

交通事故の際の示談金の受け取り方

交通事故は被害者にとっては、それまでの生活も一変させられるほどの大きな影響も及ぼしかねないものです。経済的に事故の前と同じようには稼ぐことができなくなる可能性もあるため、その後の人生のいろいろな計画も見直さなければいけなくなることもあります。そうした、被害者にとって損失となる事柄の保証となる最初の一歩が、示談によって賠償金を受け取るということです。では、交通事故で示談金を受け取るためにはどうしたらよいのでしょうか。

まず示談を開始する時期ですが、基本的には被害者のけがが完治したタイミングとなります。その前にできる最低限のことは、事故が発生したら警察に通報して示談交渉の相手となる人を確認しておくことです。そして警察による実況見分調書も作成してもらいましょう。なぜ怪我が完治してから示談交渉を開始するかというと、治療のためにかかった費用のほかに、病院までの交通費や入院する場合はその費用等、多くの保証対象が関係してくるため、怪我が完治するまでは明確な賠償額が決定しづらいからです。示談交渉に入ると、相手側の保険会社は示談金としての額を提示してきます。それが妥当と思えるなら、その示談金で了承し、賠償金の受け取りという流れになります。しかし、相手側の保険会社はできる限り安い賠償金額で済ませようとするため、最初に提示された額が必ずしも適正とは言い切れません。しっかりとした賠償額を受け取るためには、交渉の際に被害者側に努力が求められます。どのような点を注意したらよいのか、このサイトでご紹介します。