ホーム » 未分類 » 自分の保険に弁護士特約を付けるメリット

自分の保険に弁護士特約を付けるメリット

自動車保険は弁護士費用特約というものがあります。これは、被害者となった時にも利用できる特約で、弁護士に相談する際にかかる費用の300万円までを保険会社が負担するというものです。なぜ、この弁護士費用特約が被害者にとってはぜひとも利用したい特約かというと、交通事故の場合、被害者の過失割合が0の時は、自分の保険会社は交渉を行うことができないからです。ですから、弁護士に依頼しないと基本的には自分一人で相手と交渉をしないといけなくなります。この場合は、相手側の保険会社にとって有利な補償内容でまとめられてしまいがちです。こうしたことを避けるために、ぜひ弁護士費用特約を利用して弁護士に相談することがおすすめです。300万円という額も、よほど大きな事故にならない限りは十分な額で損をすることはないでしょう。

自分は悪くないので相手の保険会社にすべてをおまかせすればよいと考えずに、自分の加入している保険のほうでも利用できるものはないかを確認することは非常に大切です。被害者にとって交通事故の影響を乗り越えて通常の生活に戻るのは簡単ではないことも多々あります。賠償金をただ受け取ることを目標にするのではなく、十分な額の賠償金を受け取ることを目標にしましょう。